スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンEm】TID生成を利用した初期SEED変更

情報は間違っている可能性があります。ご利用は計画的に。

BVコピーの知識を前提としています。

Emの初期SEEDは0x0で固定というのは有名な話です。
この初期SEEDをどうにか0x0以外の値にすることができれば、乱数列が変化し、普通では数ヶ月単位の待機時間でも、数時間単位の待機時間で済む可能性がありますね。(勿論、逆もあり得ます。)

BVコピーの記事でも説明しましたが、通信対戦時は1PのSEEDを共有します。
そして、通信終了後には、共有する直前のSEEDに戻ります。

その為、BV保存が行えるEm同士でないと、BVコピーはできないのです。



EmのTIDとSIDの生成方法をご存知でしょうか。

EmのTIDはTN選択時に動いているTimerの値から生成されています。
一方、SIDはTIDを初期SEEDとした通常乱数から生成されています。

このTIDを初期SEEDとした通常乱数に目を付けました。

実は、SID決定後もこのTIDを初期SEEDとした通常乱数のまま冒険がスタートします。この状態はリセットを行わない限り維持されます


この画像からTIDは53111であることが分かりますね。これを16進数法に直すと0xCF77となります。
個体値やPIDから初期SEEDは先ほどの0xCF77から生成された個体と判定できました。Emの本来の初期SEEDの0x0では該当する個体はいませんでした

さて、これで最初から初めてリセットを1回もしていない状況なら、初期SEEDを0x0以外にすることが可能ということが分かりましたね。

このTIDを初期SEEDとした通常乱数のことをTIDSEEDとでも呼んでおきましょうか。

このTIDSEEDを維持した状態のROMを1P側とし対戦を行い、BVコピーをすれば、初期SEEDを0x0以外にすることが可能なわけです。

BV保存は、Em同士であれば可能で、バトルパスを片方が持っていなかったとしても、しっかり保存することができます。

BVコピーTIDSEEDを合わせることで、初期SEEDを0x0以外にすることが可能と分かりましたね。



TID厳選をすることで、待機時間を大幅に減らすことも可能になりましたね。
と言っても、TID厳選で大幅に時間を費やしては意味がないので……

実はFRLGのTIDとSIDの生成法もEmと同じです。
もしかしたら、何かに使えるかもしれませんね。

通信対戦は、図鑑をもらった直後から可能なので、BVコピーまでの時間が短いのも良い点ですね。

BVコピーとTIDSEEDを上手く使う為には、Emを複数個所持するのが良さそうですね。
プロフィール

suiren1350

Author:suiren1350
跡地:伝説厨のポケモン日記

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。